NEWS

081015_1049~0004
保育園の入園の申請は10月から11月。

「もうそろそろ真剣に保育園を捜さなきゃ・・」と

思っているママやパパは多いはず。
保育園捜しは、

いつから(何か月から、何歳から)

子供を預けるかによって変わるが、

1年間の育休中なら

出産を終え 生後3カ月を迎えた頃には、

ベビーカーに乳児を乗せて

散歩がてら

どこの保育園に自分の大切な子供を預けるか

保育園探しを始めて欲しいものです。

 

そして入園申請時期には、

子供を預けたい保育園を

第1希望から第三希望まで具体的に 決めて
申請するために必要な書類をすべて準備し

いつでも申請手続きを  行える準備をしておいた方が良いと思います。

(慌てる事がないように・・)

 

最悪 入園できない時の事も考えて

民間の託児施設も視野に入れて

候補先を考えておくことも大切!

 

「どうにか なるだろう・・」

「たぶん 入園できるだろう・・」と甘く考えていると

保育園難民・・ どこも預かってくれる場所がみつからなくて

結局 仕事をやめる事に つながることもありえます。

 

「保育園探しですって!

入園できるかどうかもわからないのに・・

入園できればどこでもいい!」なんて考えはよくない・・

1日のうち 8時間。

一日の3分の1の時間は大切なわが子を預けるわけだから

どのような施設(建物・教育方針・遊具・食事・おやつ・一日にカリキュラム・

1年のカリキュラムなどなど)

毎月の保育料金はいくらで、入園するときにいくらかかるか 例えば「体育着やカバンやお布団セットなどにいくらかかるのか?」とか

 

できるだけ良い環境の保育園・託児施設を

自分が 納得できる保育園・託児施設を捜しておきましょう。

 

1日のうち 8時間。

一日の3分の1の時間は 大切なわが子を預けるわけだから

安心して 仕事を続けるためにも・・

保育園選びは 真剣に考えましょう・・。

ちゃんと子供を預けられる場所を確保することを

真剣に考えましょう。

 

「人気のある保育園は希望者が殺到するから

人気のない保育園を希望する」と言う考えもよくないと

思うのです。

 

あきらめないで・・

妥協しないで

 

子供の感性に一番影響を与える乳幼児期の暮らし

できるだけ 良い環境の場所で

心も体も 育ててあげたいですよね・・