0歳児の育児相談「母乳育児を続けたいのです②」

%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%b1160727%ef%bc%88%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%83%9e%e3%83%84%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b88%ef%bc%89
「母乳育児を続けたい」と願うママには、

出来る限りのサポートをしています。

母乳育児が成功し完全母乳になることが

一番良いゴール地点なのですが

様々な理由で完全母乳に至らない

ともすれば 途中で、

母乳育児を断念するケースはあります。

 

母乳育児コンプレックスは

中途半端に母乳育児を投げ出したり

妥協した心にめばえます。

「あのとき もっと頑張れていたら」

「諦めなかったら・・」という思いに

縛られるのです。

 

何が 一番大切か

母乳育児を

数日でもいい

生後1カ月間だけでもいい

生後数カ月間だけでもいい

1年でも

2年でも

精一杯 母乳育児をした

チャレンジしたという

やりきったママの思いが大切なのです。

やりきった思いが 充実感が

よく頑張った自分を誉めることに繋がり

次の子育てのステップとなり・・

吹っ切れたような新しいきもちで

前向きに子育てができるのです。

 

ママが母乳育児を

やりきった気持ちに満たされるまで

応援しサポートするのも

母乳育児支援だと

私は 思っています。

 

・・・・・・・・・

Aさんが

6カ月のお子さんをどれだけ

愛しく思い

大切に子育てをされているのかは

わたしに

子育てに関する質問を熱心にする姿に

また、

彼女がお子さんをみつめ

授乳時やオムツ交換時に

さりげなく

子供に語りかける姿に

子への愛しさを感じとれるのです。

その姿見ていて

子に語りかける声に

私の方が 幸せな気持ちになるのです。

その ママが

生後6カ月のお子さんが

2週間後に手術を受けるにあたって

お子さんの入院中10日間

その間

「どのように 自分の乳房を管理し

お子さんに 絞ったお乳を

病院に届ければいいのか???」

相談にこられました。

 

にこやかに

「母乳以外の水分補給の練習を

しておく必要がありますか?」と

問われた質問に

母乳育児はマスターしたから

違う水分補給の方法を学びたいという

ママの思いが 感じられて

 

ママと言葉を交わし

質問にお答えしているうちに

彼女の心の中に

今の母乳育児が

お子さんが手術した後も

今のように続けられるという

夢心地な思い込みが感じられて・・

 

厳しいことばだと思いましたが

いまの母乳育児が出来なくなる

可能性があることをお話しました。

具体的に

 

お子さんが手術して

完全看護の入院中の10日間

直接母乳を授乳しないということは

 

ママの体に対しては

他人の子にお乳をあげられるほど

お乳が沢山でるタイプ・・

分泌豊かなAさんにとって

乳腺炎という母乳トラブルを

引き起こす原因をつくり

乳腺炎(母乳トラブル)をきっかけに

お乳の分泌量が減ってしまうことに繋がること

 

乳児に対しては

入院中粉ミルクを飲む赤ちゃんが

退院した後、母の乳首を口に上手に含んでくれるか

という問題も生じる。

ママAさんには

分泌豊かなAさんのお乳は

直接 赤ちゃんに授乳出来ない事で

自己流でケアをした場合

10日間の間に

乳腺炎(母乳トラブル)を起こす

可能性があること。

お乳の分泌量が減る可能性があるので

母乳育児を継続したければ

母乳トラブルを予防するために

母乳ケアを専門にしている

助産院か助産師を 訪ねて

乳房管理をしてもらう必要があることを伝えました。

 

お子さんが

10日間で予定通り退院できればいいけど

あくまでも 予定

 

今味わっているような

母乳育児がお子さんの退院後も

できることを

私も心から願っているし

サポートをしたいと

もちろん願っている・・

ただ・・

今までのような

母乳育児ができない可能性があると・・

 

目を涙で潤ませて

真剣に私の話を聞く彼女に

 

「お子さんが退院してきて

いまのような授乳が続けられるように

入院中、乳房の管理をする・・

乳腺炎を起こさないように

お乳が枯れてしまわないように

することも大切だけど

 

今の授乳生活を

母乳育児を

おもいっきり味わい楽しむことは

もっと大切ですよ」伝えた。

 

「私なら、もうこうして

母乳を飲んでもらえる事が

できないかもしれないと思うと

手術を受ける前まで、

存分に私のお乳を飲んでね・・」と

お乳を直接、赤ちゃんに吸ってもらえる

感覚とその喜びを

この授乳の時間 この感触 温もりを

体に 何度も残すわ・・

タイミングをみつけては

何度も授乳するかも」と

ママに伝えた。

 

子を愛しく思う彼女の

愛情に深さを思うと

酷なアドバイスとは思いつつ

 

現実を受け入れることの大切さ

今を味わうことの大切さを

伝えたかったのです

 

現実を受け入れることで

今 どのように生きることが

ベストかが 見えてくる

 

現実を受け入れることで

今ある幸せが当たり前ではなくて

貴重(大切)な時間であることを

知ってほしかった・・。

 

手術までの時間

悔いの残らぬように

おもいっきり母乳育児を楽しみ

味わってほしかったのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ママと赤ちゃんが笑顔になる・・

ママと赤ちゃんの心と体に優しい・・

育児術を提案しています

共感し いいね と感じられましたら

同じように 母乳育児で苦しみ悩むママの為に

シエアしていただけると嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

著書の紹介

産前産後「美ボディ・美乳」BOOK (学研プラン社)

出産した後は 慣れない育児で緊張とお疲れの日々が続きます。

時間の余裕があるマタニティーライフの時間に

一読しているだけで

出産や産後の心と体のトラブルを防いだり

上手にのりこえることができます

プレママにぜひ、一読していただきたいおすすめ本です!

 

授乳期・卒乳期のおっぱいのケア

母乳トラブルの予防や対処法

美乳ケアについても わかりやすく

書きしるした本です・・

%e7%94%a3%e5%89%8d%e7%94%a3%e5%be%8c%e7%be%8e%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a32

書店、アマゾンでも購入できます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

AERA with Baby 2月号(2014年発売)

 

卒乳特集 11ページ 助産師川島智世が監修しています。

バックナンバーで

図書館で 借りることができます。

関連記事

  1. 0歳児の相談「良い保育園の選び方を教えてください…①」

  2. 0歳児の育児相談「母乳育児を続けたいのです①.」

  3. 乳児・プレママ【ベビー布団の選び方①】

  4. 妊娠超初期の食欲に変化がある時期とその理由【旺盛&不振】

  5. 【妊娠超初期のタバコ】喫煙・副流煙の影響と赤ちゃんへのリスク…

  6. 0歳児の相談「良い保育園の選び方を教えてください…②」